実際に使ってみた方々の評価ってどうなの?

リプロスキンは、公式サイトによる満足度調査では96.1%の高評価を得ていて、SNSでも効果があったという口コミ、Amazonやアットコスメでも多くの評価が寄せられてます。

 

その評価は、実際に使ってみてニキビ跡が薄くなったり効果があった、肌がもちもちとうるおうようになった、化粧水が染み込むようになった…など、リプロスキンを使用していく内に肌状態や肌のうるおい状態の改善、ニキビ跡が良くなったなどの高評価が多く見られます。

 

>> 口コミの評価も良いリプロスキンの詳細はこちら

 

しかし、購買者の立場からすると、悪い評価と言うのもとても気になります。悪い評価があると、本当は効果が無いんじゃないのか? 良い商品では無いんじゃないのか? と考えてしまうかとしれません。

 

実際、Amazonやアットコスメのリプロスキンの評価を見てみると、良い評価が多い反面、悪い評価も見受けられます。悪い評価の内容次第では、購入意欲が減ってしまうものですよね。。

 

私も買う前に気になったため、悪い評価をつけている人の、理由について詳しく調べてみました。

 

リプロスキンの悪い評価の理由とは?

 

なぜ悪い評価をつけたのかというと。ニキビ跡が治らなかった、効果を感じられなかったという理由が特に多く占めていました。期待していた効果が表れて良い評価をする人がいる反面、なぜそのような効果を感じられず悪い評価をつけてしまった人がいるのでしょうか。

 

まず考えられる事は、どんなスキンケア用品にも個人差があります。100人中100人効くスキンケア用品というのは存在しないかもしれません。こればかりは仕方ないですね。

 

しかしリプロスキンは、公式サイトから購入すると、肌に合わなかった場合に60日間の返金保証があるので安心して試すことができますね。

 

 

そして次に考えられる事は、肌に効果が表れる前に使用するのを止めてしまったという人が多いという事です。1本目を使って思ってた程の効果が無くやめてしまったという人も多くいました。

 

しかし、リプロスキンは継続して使う事によって、大きな効果が発揮されるという特徴を持っています。ニキビ跡改善効果を実感した人の多かった3〜4ヶ月ほど最低でも使用してから、効かなかったと判断するべきではないでしょうか。

 

特に、ニキビ跡の中でも改善するのに一番時間が必要なクレーター状のニキビ跡。

 

シミや赤身などの凹凸の少ないニキビ跡は比較的治り易く、早い段階で改善しやすいのですが、クレーター状の凸凹の多いニキビ跡は改善に時間を必要としています。1年程経ってクレーターニキビ跡が改善したという人も多くいたので、短期間の使用でやめて効果がなかったという判断を下すのも正しい評価とは言えないでしょう。

 

リプロスキンの評価のまとめ

 

その他に、悪い評価を付けた人に多く見られたのは、正しい使い方をしていないという事です。

 

「リプロスキンの使い方について」の記事でご紹介したように、リプロスキンの効果をしっかりと実感するためには正しい使い方をする必要があります。具体的な使い方は上記の記事を確認して頂きたいのですが、リプロスキンローションを塗るにしても、量・塗り方・あたため方・順序・ポイントなど色々とあります。

 

人や季節によってはリプロスキンのローションだけでなく、美容液やクリームなどを併用して保湿力をより高めるのが良いともされています。

 

そのように正しい使い方をしなかったり、乾燥肌や冬場でもクリーム等を併用しなかった人などで、本来の効果を感じられずに悪い評価をしてしまった人もいました。以上のように、悪い評価をつけた人には使い方や使用期間など何かしら問題がある場合が多いように感じられました。

 

良い評価と言うものはありのままに受け止める事ができますが、悪い評価と言うのは理由によっては気になってしまいますよね。

 

私は良い評価にこそ信頼できる価値を感じましたので、安心して購入することができました。ニキビ跡を改善させたい人には、自信を持ってオススメします。

 

>> 口コミの評価も良いリプロスキンの詳細はこちら

 

TOPへ