リプロスキンの効果的な使い方を詳しくご紹介します!

いくら優秀で効果のあるスキンケア用品でも、正しい使い方をしなければ、本来得られるはずの効果が得られなくなってしまう事があります。

 

ニキビやニキビ跡に効果があると評判のリプロスキンをせっかく手に入れた場合は、きちんと効果的な使い方をして、その効果を確実に実感してください。

 

>> 正しい使い方で効果が得られるリプロスキンの詳細はこちら

 

 

リプロスキンローションの効果的な使い方

 

  1. 3振りか4振りの化粧水を手の平に乗せて、人肌になるまで温めてください。こうする事で、より高い効果が発揮されます。
  2.  

    ※この時、温めすぎには気をつけてください! 非常に高い浸透成分が、手の平に浸透してしまいます。

     

  3. お顔にじんわり染み込むように優しく押し当てていきます。よりうるおい力をアップさせるためには、以上の手順(3、4振りの化粧水を押し当てる)を数回繰り返します。
  4.  

  5. ニキビやニキビ跡が特に気になる部分は、指の先に数滴付けたリプロスキンをピンポイントに優しく重ねるとよりgoodです。
  6.  

  7. 肌が手の平に吸い付くようにもっちりとしたら、しっかり浸透した合図です!

 

以上が、リプロスキンの効果的な使い方の手順です。

 

使う分量、温め方など、使い方を間違えると思った程の効果が表れないこともありますので、きちんと正しい使い方でのご使用がオススメです!

 

ニキビ・ニキビ跡の改善と、高い美容・保湿力で、お肌の状態を改善してくれるリプロスキンですが、化粧水のため、単品使いよりも適切なクレンジングや、クリームでさらにうるおいを閉じ込めたり他のスキンケア用品と併せる事でより肌状態が良くなる事が見込めます。

 

リプロスキンを使う順番

 

  1. クレンジング
  2.  

  3. 化粧水【リプロスキンローション】
  4.  

  5. 乳液orクリーム

 

もしくは、

 

  1. クレンジング
  2.  

  3. 化粧水【リプロスキンローション】
  4.  

  5. 美容液
  6.  

  7. 乳液orクリーム

 

のように、通常のスキンケア同様お肌をお手入れする事で、よりもっちりとしたうるおいを維持する事ができるでしょう。ニキビ跡を治す際にとても重要な事は「肌をうるおわせること」ですので、通常はうるおいが浸透しにくいガサガサ肌にリプロスキンを使う事でもっちり肌へ導いてください。

 

リプロスキンの化粧水を使った後に、ビタミンC誘導体入りのフェイスシートを使用すると、よりうるおいが浸透しやすくなりますのでおすすめです。

 

リプロスキンのシリーズ展開について

 

リプロスキンはシリーズ展開されていて、ローション以外にも各種商品が販売されています。

 

※公式サイトから併せて購入する事ができます。

 

そのため、クレンジングはリプロスキンクレンジングジェルやリプロスキンスキンケアフォーム(洗顔せっけん)、クリームはリプロスキンジェルクリームなど、それぞれローションと同じくニキビ・ニキビ跡や美容・保湿に高い効果があるので、ライン使いするとよりその効果を実感する事ができます。

 

スキンケア用品だけでなく、化粧品もリプロスキンCCクリーム・コンシーラー・ミネラルパウダーなどが販売されています。リプロスキンの化粧品で、日中もニキビ跡をカバーしながら肌をケアする事ができるのでスキンケア+化粧品のライン使いをするのが理想ですね。

 

また、ライン使いをせずにローション以外はリプロスキン以外の商品を使うという場合には、成分をしっかりとご確認ください。乳液やクリームは油分の入っている物が多いですが、油分はニキビを悪化させてしまいます。そのため、ニキビがあっても安心して使える成分のスキンケア用品を選んで使って、お肌をいたわってあげてくださいね。

 

以上のように、リプロスキンローションを正しい使い方で使ったり、スキンケア全体も適切な手順で行ったり、理想を言えばリプロスキンシリーズをライン使いしたり…すると、もともと効果バツグンのリプロスキンローションに、より高い効果が期待できるようになりますので、ぜひお試しください。

 

>> 正しい使い方で効果が得られるリプロスキンの詳細はこちら

 

TOPへ