コンテンツへスキップ

勤め先の上司や同僚、後輩との人間関係の精神的な負担で、最近は、自分でもどうしようもないぐらいに、過食になってしましました。ほっぺや顎、二の腕、お腹周りにも余分なお肉がついてぷよぷよで、何とかスリムになりたいなと思っているのですが、なかなか、運動する暇がありません。こういう場合、あまり苦労しないでスリムになる薬があったらいいのになと思います。簡単な方法で、痩せれるような薬があるのなら、万札の1枚や2枚、すぐにでも出す覚悟はありますね。そんな風に思うくらい、本当に切実に悩んでいます。体重を落とすのに朝食抜きは体と脳の働きにも良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。カロリーを気にする場合は主食となる食べ物を酵素ドリンクや野菜ジュースなどに置き換えても構いません。その他にも、温野菜のサラダや目玉焼きだけでも代謝はアップしますから、健康な肌を保てます。バナナを朝食にしてもいいので、きちんと食べて健康に痩せましょう。あなたがダイエットで、より健康的に痩せたいと思うのなら、酸素をエネルギーに変えながら行う運動を行うのが一番効果的だと思います。どういった運動かというと、例えば水泳やウォーキング、ジョギングといった有酸素運動です。そして、栄養面で考えるべきことは、プロテインなどの良質なタンパク質を補給することです。なぜなら、脂肪分を分解し燃焼させるためには、タンパク質はとにかく必至だからなのです。私がちょっと前に痩せたいと思った時、家でも簡単なダイエットの手段として、腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行いながら筋肉を増やすことで、からだの基礎代謝を上がりやすくした後に、少し早めのウォーキングを30分以上はしましたね。これをなるべく毎日継続することで、2ヶ月でマイナス5キロの減量に成功しましたが、毎日続けるには根気がいりましたね。年齢を重ねるにつれて体を動かすこと自体が減ってくると、基礎代謝がどんどん低下していってる感じがします。そのため、一生懸命ダイエットをしていても自分が思うようには体重が減少しません。やっぱり、体質を変えるところからスタートする必要がありそうです。まずは、体温を上げるために、生姜湯を飲むことから始めたいと思います。乾燥する季節には喉にも良い飲み物ですし、これで代謝もアップしていくことを期待しています。普段の呼吸に集中して、お腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。かっこいい体を手に入れるストレッチとしては、大きく呼吸しながら、肩甲骨を動かすようにすることが効果的だと伺いました。肩こりにも効果的ですが、息を吸いながら両腕を上の方へまっすぐ伸ばし、腕は天井に向けたまま肘を折り曲げて、体の後ろに下げていきます。この時に息を吐きだしながら、肩甲骨をキュッとさせるイメージですね。どうしてもやって来るのが普段通りダイエットしてても体重が減らない時期が来ることです。こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、そのまま気にせず続けるのが成功につながります。もし、運動を中断してしまっているのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、もう摂取カロリーも気にしないのなら、体を動かすことだけでも続けましょう。有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効果が少ないといわれてきましたが、今は休まず運動しなくても合計で20分以上運動していれば、効果があるのではないか?といわれています。また、BBB(トリプルビー)のダイエット効果で筋トレのほとんどはぐっと息をつめて激しく体を動かす運動ですが、呼吸をしながらする運動、呼吸を止めてする運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き上げることが可能です。