コンテンツへスキップ

常在菌も増えやすくなってしまう

梅雨の季節に心配なことはカビではないでしょうか。

蒸し暑い季節になると、私達の肌にいる常在菌も増えやすくなってしまうのです。

マラセチア菌と呼ばれる真菌に起因すると言われる皮膚に見られる病気で「でん風」と呼ばれるものは、これは顔、腕、足、お腹、背中。

つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。

皮膚が茶色くなり、シミのようになるでん風や、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。

ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。

少しでも気になることがあるようなら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。

ニキビとは皮脂により毛穴が詰まってしまって、その中で炎症を起こしている状態のことです。

乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴の詰まりは起こらないように思ったりもしますが、、実際は異なります。

皮脂の分泌量が、あまりにも少ないと肌は乾燥を防止するために皮脂をたくさん分泌します。

その結果として、毛穴に目詰まりが発生してしまってニキビが発生するというケースが多いです。

素肌をいたわるなら、洗顔する際には髪の毛との境目などの落とし忘れの多い部分まで、しっかりと洗い流しましょう。

洗い落とせたら、タオルを頭に乗せるようなイメージで水気を拭き去ります。

必ず、強く押し付けることはしないでくださいね。

当然、きれいなタオルを使用することが、望まれます。

45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。

色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、みんななんとなくわかっているはずです。

体の衰えに伴い肌がくすんできて、法令線や目元口元のゆるみが本人以外にも目に見えるようになってきます。

もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。

でも、アラフォーになると回復スピードが落ちるんです。

いえ、回復能力自体が落ちているのでしょう。

回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思うことも増えています。

20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかもしれません。

若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアをほぼ放棄して、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。

肌にシワができる原因は紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、そのダメージが日々積み重なっていくことがじわじわと肌に影響を与えます。

そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。

一日最低2リットルの水を飲むことが健康に役立ちます。

お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。

水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物や有害物質がお肌にたまって、くすみが目立つ原因となります。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えて目立ってきます。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

美白効果を期待して、レモンを直接顔に貼り付け、レモン果汁とオイルでパックする方法が話題となりましたが、かえってシミの原因を増やしてしまうので、今は誰も勧めていません。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

美白やシミ予防の効果をレモンのビタミンCで期待するなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。

保水する力が低下してくるとトラブルなど肌に好ましくないことが起きる可能性が高くなってくるので、ご注意のほどお願いします。

それでは、より保水力を上げるためにはお肌のお手入れをどのように望ましいのでしょうか?スキンケアの方法として保水力アップに有効な方法は、血の巡りを良くする美容成分を肌に多く与える化粧品を使う、洗顔の方法には気をつける、の3つです。

お肌のお手入れでもっとも大事なことがきちんと汚れを落とすことです。

メイクによる肌の汚れをきちんと落とさないと肌が荒れてしまうかも知れません。

でも、ごしごしと洗っていると、本来必要な分の皮脂を取りのぞいてしまって、カサカサの肌になってしまいます。

それに、洗うと言った作業は適当に行うものでなく、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。

よくテレビで芸能人の肌をみたりすると、全くシミのない美しいものですよね。

そうはいっても、我々と同じヒトですので、実際には、お肌に悩みがあるのです。

むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、人よりもずっと、努力を惜しまないでしょう。

その方法から学んでみると、もしかしたらオージュンヌの化粧水で肌のお手入れに利用できるかもしれませんよね。